親族の基本構造
sinzoku.exblog.jp

親族代表「3」が出来るまで。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NEXT LIVE
Sinzoku Daihyo LIVE2006
「3」
会場:THEATER/TOPS
日程:1/6〜1/9
作、演出:吉増裕士(ナイロン100℃)、親族代表
作:ケラリーノサンドロヴィッチ(ナイロン100℃)
佐藤二朗(ちからわざ)
 ブルースカイ
 丸二祐亮(ニセ劇団)
 湯沢幸一郎(天然ロボット)
(五十音順)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Good design!
by Sherry at 11:29
Good design!
by David at 11:28
Thank you!
by Monica at 11:26
Great work!
by Betty at 11:25
Nice site!
by Eric at 11:24
Nice site!
by Ron at 17:42
Nice site!
by Kevin at 17:40
Good design!
by Mike at 17:38
Thank you!
by Greg at 17:38
Nice site!
by Adam at 15:40
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
3コンセプト
というわけで、あらためて。
「3」というタイトルは親族「3」人の意味で、ストレートです。
我々です、はい。

今回は作家も演出もがらっと変わり、何から何まで初めてずくし。
「勢いでいってやるぜー!!」
というノリのある集団では決してないので、大変です。

作家さんたちには「3」が少し絡んだコントを書いていただく予定です。

数字の3を考える事は、皆様とってはまったくの暇つぶしにもならないでしょう。
しかし、我々が3を考えるということは、やはり相当な意味が出てきます。
自分たち自身の過去、現在、未来…

全くのオムニバスコントライブです。
何のメッセージもないコントライブです。
でも、我々が「3」を考え抜いて生まれた何かをすこーし感じ取れるはず、の予定です。
ほんと、すこーしだけれどね。

でも、それが作れるか、作れないか?
これが、僕らにとって、一番大事な「初めて」の作業であり、はっきり言ってライブ成功の鍵なんでしょう。

で、そこが成功すればどうなるかというと…
もう一度、この文章の冒頭に戻れるんでしょうね。
[PR]
by sinzoku | 2005-06-22 23:54 | 親族ライブ