親族の基本構造
sinzoku.exblog.jp

親族代表「3」が出来るまで。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
NEXT LIVE
Sinzoku Daihyo LIVE2006
「3」
会場:THEATER/TOPS
日程:1/6〜1/9
作、演出:吉増裕士(ナイロン100℃)、親族代表
作:ケラリーノサンドロヴィッチ(ナイロン100℃)
佐藤二朗(ちからわざ)
 ブルースカイ
 丸二祐亮(ニセ劇団)
 湯沢幸一郎(天然ロボット)
(五十音順)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Good design!
by Sherry at 11:29
Good design!
by David at 11:28
Thank you!
by Monica at 11:26
Great work!
by Betty at 11:25
Nice site!
by Eric at 11:24
Nice site!
by Ron at 17:42
Nice site!
by Kevin at 17:40
Good design!
by Mike at 17:38
Thank you!
by Greg at 17:38
Nice site!
by Adam at 15:40
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
12/18
昼稽古。
夜の怪人舎ライブで正月やる一本新ネタをかけてみるからだ。
実験。

夜、怪人舎ライブ。
小屋はいると、久しぶりのお笑いライブ空間。
芝居小屋とは全く違う空気に、面白くてしょうがない。
ギースやエッヘさんも競演。

エッへのいくまさんと話す。
見事にライブがエッヘさんとかぶっているのだ。
お互いカーテンコールでエールを送り合うことを約束する。
演劇界で3人組コント集団といえば、親族かエッへです!
どうだ!そうでしょうが!
演劇界の隅の方ですが、我々は生きている…

18年振りの大寒波のせいか、体が冷えきり、個人的には調子が出なかったものの、まずまずできるネタに仕上がった。
会場は暖かくネタをやるにはとても好いお客さんだったのを差し引いても。
他の二人がしっかり機能していたからそう言える。
このネタにつなげられるよう、前のネタと映像の完成度を高く出来るように。

来週の稽古はライブを左右する稽古になるだろう、そう思っている。
どう乗り切るかでだいぶ変わってくるだろう。
もっともっと詰めたい。
ちょっと緊張。
[PR]
by sinzoku | 2005-12-19 01:33 | 親族ライブ