親族の基本構造
sinzoku.exblog.jp

親族代表「3」が出来るまで。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
NEXT LIVE
Sinzoku Daihyo LIVE2006
「3」
会場:THEATER/TOPS
日程:1/6〜1/9
作、演出:吉増裕士(ナイロン100℃)、親族代表
作:ケラリーノサンドロヴィッチ(ナイロン100℃)
佐藤二朗(ちからわざ)
 ブルースカイ
 丸二祐亮(ニセ劇団)
 湯沢幸一郎(天然ロボット)
(五十音順)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Good design!
by Sherry at 11:29
Good design!
by David at 11:28
Thank you!
by Monica at 11:26
Great work!
by Betty at 11:25
Nice site!
by Eric at 11:24
Nice site!
by Ron at 17:42
Nice site!
by Kevin at 17:40
Good design!
by Mike at 17:38
Thank you!
by Greg at 17:38
Nice site!
by Adam at 15:40
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
終わって…④
差し入れ等、全て受け取っております。
差し入れしてくださった皆さん、ほんとありがとうございました!
この場を借りて、お礼申し上げます!

映像の保土田君はいいのを作ってくれた。
「三者三様の人間の我々だが、集まると一つの集団として機能する」
という提示をこっちでして、作ってもらった。
面白いものになった。
次回もお願いする予定。
大寒波の東京を喪服で歩くのは結構辛かったなぁ。

しかし、三人だけのライブと銘打っているが、当たり前だが、三人だけでライブなど出来る訳がない。
親族代表がこれからもっと上に行くには、スタッフワークが鍵になるのは当然。

演出、作家さんほんとにありがとうございました。

制作の森さんは、一人でこのライブの制作をまわしてくれた。
凄い才能だといつも思う。

ライブ前に話していたこと。
ライブが終わったとき、メンバーそれぞれの得意分野やポジション等がより明確になるだろう、それを基に次回のライブを自分たちの土台になりうるライブにしよう、と。
やっぱり初めて三人だけでやって、いろんなものが見えたと思う。
今後に、必ずいかせると思う。

今回ライブを終えて、正直なところ一杯反省点があるんだけれど、それでも次をやろうという気持ちの方が断然多いところを考えると、やっぱり成功だったんじゃないかなと思ったりする。
甘めかもしれないけど。
やって良かったと思う。

これまでの親族も、「ひとつの形が出来た!」って言えるようになったのは、始めてから4回目のライブあたりだったから、まだまだ先をみて焦らず続けられたらと思う。
少しづつ良くしていきます。

もっともっと裏話的な書きたいことは山のようにあるのだけれど、明日書けないので、ここで止めることにします。
明日は友人の結婚式があるのです。
大学時代の友人で、僕の芝居を全部見てくれている貴重な男です。
で、今、明日の準備をしていたのですが。
白ネクタイがない!
黒ネクタイばかり出てくる。
三本もあった。
黒ネクタイを引き出しの奥にしまい、明日の準備を終えると、ライブが終わったのだなぁ、と意味もなくしみじみ思ったりして。
明日は、百円ショップで買った白ネクタイを久しぶりにつけて、旧友とばか騒ぎをしてこようかなと思います。

でも、帰ってきたら、また次の準備を始めます。
すぐにです。
新しい、「ライブ準備ブログ」でお目にかかりましょう。
ほんとに大勢の方のお力なくては出来ませんでした。
ありがとうございました!
また、夏に会いましょう!
[PR]
by sinzoku | 2006-01-14 02:17 | 親族ライブ