親族の基本構造
sinzoku.exblog.jp

親族代表「3」が出来るまで。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NEXT LIVE
Sinzoku Daihyo LIVE2006
「3」
会場:THEATER/TOPS
日程:1/6〜1/9
作、演出:吉増裕士(ナイロン100℃)、親族代表
作:ケラリーノサンドロヴィッチ(ナイロン100℃)
佐藤二朗(ちからわざ)
 ブルースカイ
 丸二祐亮(ニセ劇団)
 湯沢幸一郎(天然ロボット)
(五十音順)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Good design!
by Sherry at 11:29
Good design!
by David at 11:28
Thank you!
by Monica at 11:26
Great work!
by Betty at 11:25
Nice site!
by Eric at 11:24
Nice site!
by Ron at 17:42
Nice site!
by Kevin at 17:40
Good design!
by Mike at 17:38
Thank you!
by Greg at 17:38
Nice site!
by Adam at 15:40
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
7/20
昨日の野間口との打ち合わせをうけ、制作会議日の調整に走る。
で、翌日に調整完了。
24日午前中に決定。
[PR]
# by sinzoku | 2005-07-20 23:38 | 親族ライブ
7/19
本日、野間口と私用で会う。
ついでに簡単に打ち合わせ。
月末までに、制作会議をすることに決める。
主な目的は、ニセ劇団からの本チラシ折り込み開始へ向けてのもの。
あと、ライブ内容&今後に関しても打ち合わせる。
[PR]
# by sinzoku | 2005-07-19 23:00 | 親族ライブ
7/16
ネタを書いていただく丸二さん主催の「ニセ劇団」のチラシ撮影日。
僕と竹井が出演することになった。
楽しい撮影会だった。
このライブが面白くなればなるほど、親族ライブも比例して面白くなるはず。
[PR]
# by sinzoku | 2005-07-16 22:55 | 親族ライブ
7/7
シティーボーイズの座付き作家の丸二さんと打ち合わせ。
メンバーも同席。
いろいろシティーボーイズさんのコントの作り方等を伺う。
それに習って、親族のネタも作る事になるだろう。

また、丸二さん主催の「ニセ劇団」のコント公演に竹井とともに参加する事にした。
竹井と「違う作家さん」の台本で笑いを作る「初めての作業」をしたい。
そして、丸二さんのテイストを実際味わい、親族ライブに生かしたい。

面白いアイデアを次々提案してくれる作家さんだ。
今まで僕が作れなかった笑いを一つでいいから丸二さんと作ってみたい。
と、心から思う。

次回打ち合わせは七月末あたり。
[PR]
# by sinzoku | 2005-07-07 01:32 | 親族ライブ
6/30
ケラリーノサンドロビッチ作、「ヤングマーブルジャイアンツ」観劇。
一月のライブはケラさんにネタを提供していただくので、ご挨拶しようとしたけど、会えずに帰る。
無念。
若さあふれるいい芝居だった。
「健康」も観に行かなければ。
[PR]
# by sinzoku | 2005-06-30 23:12 | 親族ライブ
落語
落語が題材の芝居に参加したのは正解。
どうしても落語三昧。
「芸」に浸る。
談志は別格。
小三治さんの「らくだ」はCDで聞く。
枝雀のビデオには心酔。
[PR]
# by sinzoku | 2005-06-28 03:05
親族代表Web
親族代表にはWebがない。
で、制作さんからぜひ作ってくださいと言われたので、作る事に。
担当は竹井亮介。
しかし、彼にお願いして何か月経ったのだろう?
あれは3月だったかな…
まだできない。
心配。
[PR]
# by sinzoku | 2005-06-23 10:04 | 親族ライブ
3コンセプト
というわけで、あらためて。
「3」というタイトルは親族「3」人の意味で、ストレートです。
我々です、はい。

今回は作家も演出もがらっと変わり、何から何まで初めてずくし。
「勢いでいってやるぜー!!」
というノリのある集団では決してないので、大変です。

作家さんたちには「3」が少し絡んだコントを書いていただく予定です。

数字の3を考える事は、皆様とってはまったくの暇つぶしにもならないでしょう。
しかし、我々が3を考えるということは、やはり相当な意味が出てきます。
自分たち自身の過去、現在、未来…

全くのオムニバスコントライブです。
何のメッセージもないコントライブです。
でも、我々が「3」を考え抜いて生まれた何かをすこーし感じ取れるはず、の予定です。
ほんと、すこーしだけれどね。

でも、それが作れるか、作れないか?
これが、僕らにとって、一番大事な「初めて」の作業であり、はっきり言ってライブ成功の鍵なんでしょう。

で、そこが成功すればどうなるかというと…
もう一度、この文章の冒頭に戻れるんでしょうね。
[PR]
# by sinzoku | 2005-06-22 23:54 | 親族ライブ
6/22
シティボーイズミックスの座付作家・丸二祐亮さんがネタを書いてくれる事になった!
嬉しい。
今週、もしくは来週中に丸二さんを交え、ミーティングを一度する予定。
丸二さんに、親族がやりたい事を伝え、お互いの擦り合わせの作業。
その辺りがうまく行けば、きっと一月、また新しいネタが増えると思います!
[PR]
# by sinzoku | 2005-06-22 00:53 | 親族ライブ
6/18
親族芸術部(?)の野間口からチラシデザインの案がメールにて届く。
ビリヤードをイメージのデザインがよかったので、そう伝える。
すこし、アイデアを少し添えて。 
[PR]
# by sinzoku | 2005-06-18 09:30 | 親族ライブ